スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Anny研修報告in新歓合宿

こんにちは、AIESEC送り出し事業局員2年生の宮本悠未です。
5月に入ってから日差しも明るくなって、初夏らしく爽やかな日が続いていますね。
去る5月7日から8日にかけて、わが大阪市立大学では新歓合宿を行いました。


Anny研修報告in新歓合宿200110507



そしてその合宿には勿論、現在市大委員会で受け入れている中国からの研修生のAnnyも参加してくれました。
写真は、11人の新入生の前で、Annyがシャープ化学工業さんでの研修の報告をしている様子です。
最初のプレゼンでは、研修先で担当している翻訳の仕事についての紹介と共に、日本での生活体験を通して気づいたことについて教えてくれました。
私たち日本人が当たり前と思っている様々なことが、中国人の彼女にとっては新鮮に映ります。
「自分のポテンシャルと才能を掘り起こすには、生まれ育った国の中で生活しているだけでは足りない。若いうちに文化も価値観も違う場所での仕事に挑戦したいと思った」
と、研修に対する思いを熱く語ってくれた彼女の言葉に、新入生も上回生も皆一様に、真剣に耳を傾けていました。

AIESECではこのように、研修を通して得た学びや、それを今後のキャリアプランでどのように活かしていくかについて他者に発信する機会を大事にしています。
他者からのフィードバックを得ることが、研修をより良いものにする上で不可欠なのです。
スポンサーサイト

新入生歓迎イベント☆研修報告会第1弾☆

本日4月19日、新歓イベントとして弊委員会を通じてガーナのIT企業SW GLOBALにインターンシップに参加した立命館大学の金原大悟氏を招いての研修報告会を行った。
新入生は6人ほど来てくれた。
私としてはもう少し集まってほしかったのだが。
どのサークル・部活でもそうだとは思うが、特にAIESECでは人員を必要としている。
AIESECは海外インターン運営という学生にしては複雑かつグローバルな業務を行っているため、ダイバーシティマネジメント(個人や集団間に存在するさまざまな違い、すなわち「多様性」を競争優位の源泉として生かすために文化や制度、プログラムプラクティスなどの組織全体を変革しようとするマネージメントアプローチ)の観点から多様な人材の確保が4・5月期には最重要課題となってくる。

P1010737_convert_20110419220521.jpg

なお金原氏はアイセック 海外インターンシップblogにも執筆されていた方なので、金原氏の研修中の様子をさらに知りたい方はぜひご一読いただきたい。

また研修先の業務内容として、SW GLOBALのHPより引用すると

SW Global Limited is an Application Service Provider (ASP). Our model provides institutions with quick and easy access to mission-critical applications, and removes the need for these institutions to bear directly the total cost of ownership of business applications and/or the need to engage in expensive ICT infrastructure acquisition.


The ASP model is a highly innovative, realistic and economically sound approach, specifically tailored to the challenges presented by developing markets. The SW Global business model is a bold commercial initiative; we do not simply offer solutions, we create new markets by leveraging the benefits of network economies and the economic advantages of rapid, frictionless, information flow.



上記にApplication Service Provider(ASP)とあるが、意味を知らない読者のために解説しておくと、いわゆるソリューションビジネス(企業や顧客が抱えている問題点を知り、問題解決案を提案し、問題解決への支援を行う)の1種でネットワークを通じてソフトを利用させるサービスを提供している事業者のことを指す。利用者は、事業者のサーバにアクセスし、各種ソフトウェアを利用する。社内にシステムを置く必要がなく、ソフトウェアのバージョン管理なども事業者に任せることができるため、管理や運用コストを削減することが可能となる。


講演の前半はSW GLOBALでの研修の話、後半は写真を中心に笑い話も交えてアフリカの生活の様子や文化紹介をしていただいた。氏には軽快ながらも毒も含みつつ、海外インターンシップ、アフリカでの生活を語っていただいた。実際にAIESECの顧客の経験談を聴くことで、現役メンバーはもちろんすでに入会を決めた新入生にとって刺激になったはずだ。入会を迷ってる新入生もAIESECの業務、広大なネットワークに触れることができ、サークル選びの一環になったのではないだろうか。
P1010742_convert_20110419220613.jpg

また現役メンバー、新入生関係なく質問も飛び交い、非常に有意義な会となった。
P1010740_convert_20110419220741.jpg

個人的に金原氏の話で印象に残ったのは海外で就職する際には院卒が圧倒的に学部卒より有利になるという部分だ。
たしかにビル・ゲイツやジョブズといった起業家を除くと、海外の著名な経営者は院卒が多い。
GEのウェルチは博士号を持っているし、IBMのガースナーもMBAホルダーだ。

一方、日本では院卒の扱いというのはそれほど評判が芳しくない。
賛否両論はあるが下記に紹介する本は院卒者の進路問題を扱った代表書であるので、院卒を考えている読者はぜひ読んでおくといいだろう。
高学歴ワーキングプア  「フリーター生産工場」としての大学院 (光文社新書)高学歴ワーキングプア 「フリーター生産工場」としての大学院 (光文社新書)
(2007/10/16)
水月 昭道

商品詳細を見る



しんかん

徳永です!


現在、新歓真っ只中です。

説明会の度にいろんな新入生に出会えてとても楽しいです。

去年は初めて新入生と接するということでいろいろと緊張しましたが、
今年は2回目ということもあり、個人的には余裕をもって新入生を迎えることができています。

今日も3人ほど説明会に来てくれました。

一人は理学部の2回生ということで、メンバーになりたいというよりかは、
研修参加に興味があるみたいでした。

どこかで、見かけた顔だなと思ったら去年にアイセックとは別で
兼部してる方の新歓で出会った子で一瞬ドキッとしました。
今年の新歓の方針としてはあまり露骨に兼部は推奨しないということなので、
僕が兼部しているということが知れると説得力がなくなるという裏事情があったりします。

ただ、実際にはメンバーの中には兼部、兼サークルしている人が結構多かったりします。
内緒ですけどね。

後の二人は1回生でかわいらしい女の子たちでした。
アイセックの話も興味を持って聞いてくれたり、
説明会後のアンケートを見る限りでも結構脈はあるんじゃないかと感じました。

ぜひとも入ってほしいですね。


新歓の成否はその年の活動の成否に直結する大事なアイセックの「事業」ですが、
入る入らないにしてもさまざまなフレッシュマンたちとの交流はわが身も若返る思いで
純粋にたのしいです。冒頭の繰り返しですね。

アイセックを選ばなかったとしても、新入生たち全員には悔いのない充実した大学生活
を送ってほしいものです。

双葉祭の看板公開



はじめまして。
今期、副委員長兼人材育成担当を務めます、OGXメンバー商学部3回生谷口と申します。
どきどきですが、初投稿させていただきます。

今回、人材育成担当として、責任者となって新歓を進めています。
今回の新歓では、パーカーを作ったり、教授にお願いして授業の時間を少しもらってインターンの説明をさせてもらうことで知名度を上げよう作戦を行ってみたりと新しい試みをいろいろとしています。

その一環として、4月15日から開催の新入生対象の文化祭である双葉祭にアイセックとして出展してみることにしました。
内容としては、インターンシップの紹介の写真展の予定で、今日も21:00まで皆とせっせと作成しました。
その甲斐あって、私とは違いセンスのある2回生たちがすばらしい看板を作ってくれました。
感動して写メを取ったので、一足先に皆さんにお目見えさせていただこうかと思います。


いかがですか??
私はノータッチでいた甲斐がありました。笑っ

また、写真展の様子もできたらアップしようと思いますのでお楽しみに。
それでは失礼いたしました。

新年度に向けて

新年度がとうとう始まってしまいました。
もうちょっとで授業も始まります。


大阪市立大学委員会にはこのようにブログがありますが、
残念ながらあまり機能していないようです。

しかし、これからは現役生とOBOGとの交流や、
外部の方たちとの交流の場となるようにしていきたいと思いますので、
よろしくお願いします。


明日から続々と記事が更新されるはずです!
ご期待下さい。

プロフィール

oilc

Author:oilc
アイセック大阪市立大学委員会(略称OI)のブログへようこそ!!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

TOEICボキャドリル


日本語→英語自動翻訳【星条旗】

English English得袋.com

訪問者数

リンク

ツイッター

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
1861位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラブ・サークル活動
152位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。