スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Study Tour In Vietnam 4th day


こんばんは。
ドッグイーター松井です。

午前中はテルアポに終始しました。
自分もたくさんかけたのですが、渉外ゲットには至りませんでした。

ランチは行きつけの食堂に向かいました。
今回はゲテモノには手を出さず、生春巻きなどを堪能しました。


午後からはハノイ大のアイセッカーがわれらの宿を訪問してくれました。
ハノイ大から来たのは2人。
まずはLCPのザンさん。
流暢な英語を使ってインドで開かれていた国際会議の様子やベトナムについて教えてくれました。
彼が熱くアイセックを論じる姿に感銘を受けました。
彼は「大卒で海外での就労経験があるのは全人口の5%、大卒で海外での就労経験があり、リーダー経験を持つものは全人口の1%。アイセッカーはその1%になれ。」とおっしゃっていました。
そしてもう一人はERのカーさん。
とてもおもしろく、そしてやさしい方で、自分はベトナム語を教えてもらいました。
彼らが帰った後は、ハノイ大のEP候補である美女2人に食事に連れて行ってもらいました。
それにしてもベトナムの方は本当に親切でフレンドリーです。

ベトナムでのコミュニケーションですが、大体は英語を使うことになります。
英語でのコミュニケーションは一見難しそうですが、なにを言ってるのかわからなくても、適当にI seeとかYes!とか言ったりしてうなずいとけばとりあえずコミュニケーションをとれてるっぽくなります。聞き返すときはI beg your pardon?とでも言えば、なんか英語通っぽくなります。こちらから伝えたいときは、ブロークンな英語にボディーランゲージや筆談を組み合わせると、意外と伝わります。うまく意思疎通がとれず気まずくなったときは、適当に現地語を連発すると場を和ませることができます。

さて、今日はわれらの常宿「ドリフトバックパッカーズホステル」について紹介しましょう。
クーラー・wi-fi完備・朝食無料で1泊5.5$という最強の安さです。
しかもスタッフは親切で英語もペラペラです。
ハノイに行く際はぜひご利用を。

最後にわれらの同居人を2人紹介しましょう。
8人向けの相部屋なので、同居人がいるわけです。
①CIA(国籍不明)
スキンヘッド。目つきがするどい、ていうかどう見てもカタギではない。話しかけても完全無視。一日中パソコンをしている。その冷徹な容姿と一日中パソコンをしている様子からCIAの工作員ではないかと思われてしまい、このあだ名がついた。

②ジーザス(国籍不明)
イエス・キリストのような容姿をしていることからこのあだ名がついた。6人もいる日本人にビビってるのか、話しかけてもおどおどしている。たまにCIAに話しかけるが無視されている。

それでは

Secret

プロフィール

oilc

Author:oilc
アイセック大阪市立大学委員会(略称OI)のブログへようこそ!!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

TOEICボキャドリル


日本語→英語自動翻訳【星条旗】

English English得袋.com

訪問者数

リンク

ツイッター

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
2756位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラブ・サークル活動
244位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。